Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の3
    cis_visit_count昨日1264
    cis_visit_countこの週3636
    cis_visit_countこの月31174
    cis_visit_countすべての日1615405
 
 
  • 日本カンボジア官民合同会議が開催 20160304_142950

    第13回日本カンボジア官民合同会議が3月4日、カンボジア開発評議会(CDC)で開催された。日本側からは隈丸優次日本国大使を筆頭に官民関係者ら約80人、カンボジア政府側からはソク・チェンダ・ソピア首相付大臣を筆頭に各関係省庁が参加した。

     

    会議では、日本人商工会を中心とする日本側より、バヴェット地区の経済特区での労働争議への適切な取り締まり、電力料金の大口割引の導入、労働コストの国際競争力の維持などが要望として出され、カンボジア政府として善処する方針が示された。

    また、日本側はある企業が2011年-2013年分のVATの還付が約2年にわたり未だになされていない例をあげ、VAT還付の遅延の改善を要求したほか、カムコントロール料金の撤廃、税務調査の効率化などへの要望がなされた。

     

    さ らに、日本側からの投資法やSEZ法の改正の現況について照会があり、カンボジア政府側は「省内の調整に時間がかかっている」と説明した上で「工場増設な どの再投資へのインセンティブ、パイオニアとなる新規分野への投資へのインセンティブ、従業員の訓練・食堂・住居・通勤の整備に対するインセンティブ、などを盛り込む」と一部内容にも触れた。

    会議では、ASEAN経済共同体の発足や南部経済回廊の整備などにより、今後日本、カンボジアの経済交流が活発化するという期待を両国が示し、課題に継続して取り組んでいくことが確認された。

    ...

    Read More »

  • 関西経済同友会がCDCを訪問 12790980_229238667420180_3246223383952792791_n

    関西経済同友会が2月25日、カンボジア開発評議会を訪れ、ソク・チェンダ・ソビア首相付大臣らと意見交換を行った。

    会談では冒頭、関西経済同友会海外交流委員長を務める、鴻池運輸の鴻池忠彦社長が「ASEAN経済共同体(AEC)発足というタイミングに、発展目覚ましい貴国の発展状況をこの目で確かめ、今後の両国の更なる関係強化の鍵となるものを掴むべく、訪問した。目覚ましい経済発展に伴いインフラ整備、環境保全など課題も多くあると思うが、日本国、日系企業として力になれる」などと挨拶した。ソク・チェンダ大臣は「AECが発足した今、投資の機会が広がっている。ぜひ関西の企業にも進出を進めていただきたい。CDCとして進出した日本企業へは手厚いサポートを用意している」と応えた。

    訪れたのは、関西経済同友会の海外交流委員会のメンバーらで鴻池運輸、鴻池組、サントリー食品、ダイビルなどの社員ら。今回の視察ではベトナムから陸路でカンボジア入りしたとのことで、鴻池社長は「日本の援助で建設されたツバサ橋を通り、日本の技術がカンボジアに貢献していることをうれしく感じた。南部経済回廊が整備され、ビジネス機会が広がる」とカンボジア国への期待を述べた。

    ...

    Read More »

  • ពិធីចុះហត្ថលេខាលើកិច្ចព្រមព្រៀងស្តីពីការជំរុញនិងការការពារទៅវិញទៅមកនៃវិនិយោគ 12553080_207921412885239_2352186514009442112_n

    ព្រឹកថ្ងៃទី១៤ ខែមករា ឆ្នាំ២០១៦ នៅទីស្តីការក្រសួងការបរទេស និងសហប្រតិបត្តិការអន្តរជាតិ មាន ពិធី ចុះហត្ថលេខា លើកិច្ចព្រមព្រៀង ស្តីពី ការ ជំរុញ និង ការការពារ ទៅ វិញ ទៅ មក នៃ វិនិយោគ ដោយ ឯកឧត្តមរដ្ឋមន្ត្រីប្រតិភូ អគ្គលេខាធិការ ក អ ក សុខ ចិន្តាសោភា និង ឯកឧត្តមរដ្ឋមន្ត្រីក្រសួងការបរទេស ហុងគ្រី។ កិច្ចព្រមព្រៀង នេះជាកិច្ចព្រមព្រៀង ស្តីពី ការជំរុញ និង ការការពារ វិនិយោគទី២៨ ដែល កម្ពុជា បាន ចុះហត្ថលេខា ជាមួយ ភាគីជាមិត្ត។

    ...

    Read More »

  • カンボジアのビジネス環境向上、電気の安定性と起業の簡便性が重要な改革 9fcanj7m

    បរិយាកាស ធុរកិច្ច នៅ កម្ពុជា ត្រូវបាន កែលំអ ភាព អាចជឿ ទុកចិត្ត បាន នៃ ការផ្គត់ផ្គង់អគ្គិសនី និង ភាពងាយស្រួល នៃ ការចាប់ផ្តើម អាជីវកម្ម ថ្មី ត្រូវបាន ចាត់ទុកថាជា កំណែទម្រង់ ដ៏សំខាន់

    Cambodia’s Business Environment Improves; Electricity Reliability and Ease of Start Ups Cited as Key Reforms

    カンボジアのビジネス環境向上、電気の安定性と起業の簡便性が重要な改革

    캄보디아 비즈니스 환경 개선, 특히 전력 상황이 나아지고 기업 창업이 수월해져

    柬埔寨的营商环境正在改善 电力供应的可靠性和易于开始一个新的业务被认为是一项重大改革。

     

    A new World Bank ... ...

    Read More »

  • ADB’s study found SEZs in Cambodia attracted foreign investment and created job ADB-2015-Cambodias-special-economic-zones-1

    A newly released study by the Asian Development Bank found that Special Economic Zones in Cambodia have attracted significant levels of foreign investment into the country that would not have been presented otherwise. The investments have created around 68,000 jobs, with equal or better pay and better prospects than the ... ...

    Read More »

  • カンボジア産業政策 2015-2025

    「カンボジア産業政策2015-2025」制定式典

    2015年3月6日カンボジア閣僚評議会本会議にて承認された「カンボジア産業政策2015-2025」(IDP)について、カンボジア開発評議会(CDC)は2015年8月26日、国家最高経済委員会(SNEC)と共同主催にてその制定式典をプノンペン市ピースパレスに於いて執り行います。

    フンセン首相により議事が進行されるこの式典には、カンボジア政府関係者、外交関係者、民間セクター関係者、援助協力機関関係者、及び学術関係者ら約1,000名が出席予定です。

    式典では、2015年末にアセアン経済共同体(AEC)が発足し、地域及び世界規模でのバリューチェーンへと組み込まれるカンボジア国の新たな道筋を示す「カンボジア産業政策2015-2025」(IDP)の実施に向けた力強い意思表明がなされると共に、カンボジア国経済発展の新たな歴史の始まりが宣言されます。

    「カンボジア産業政策2015-2025」(IDP)の最終目標は、地域及び世界経済からの恩恵を取り込み、カンボジア経済の多様化、競争力強化、及び生産性向上を実現し、持続可能で包括的な高度な経済成長を達成することにあります。

    制定式典のプログラムは以下のとおりです:

    07:30   – 受付

    08:30   – フンセン首相到着

    08:32   – カンボジア国歌斉唱

    08:37   – 開会の辞(キアットチョン副首相兼CDC 第一副議長兼SNEC 名誉会長 )

    - 基調講演:フンセン首相

    - フンセン首相退席

    - SNEC 発表:「産業政策2015-2025」の骨子・内容について

    -(質疑応答)

    - CDC 発表:「産業政策2015-2025」実現のための準備、進捗、施策の優先順位

    について

    -(質疑応答)

    - 閉会の辞(キアットチョン副首相兼CDC 第一副議長兼SNEC 名誉会長 )

     

     

    備考: 英語・中国の同時通訳あり

    ...

    Read More »

  • Immigration Announcement

    PDF file available for download

    ...

    Read More »

  • NHKのカンボジアへの投資に関する報道

    Website Link: http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/20150210_33.html

    ...

    Read More »

  • カンボジア投資セミナー 2015年2月 Picture 1

    日本アセアンセンターとカンボジア開発協議会の共同により、カンボジア投資セミナーが東京(2015年02月10日)、名古屋(同12日)、と浜松(同13日)で開催されました。

    このセミナーはカンボジアの近年の経済開発状況に加え、投資環境や投資政策に関する最新情報を提供し、日本の経済界に投資・進出先としてカンボジアの魅力を伝えるために行われました。

    セミナーでは、ソクチェンダ・ソピア首相府付大臣・カンボジア開発評議会事務局長より参加者に対しカンボジアの投資環境と機会について説明しました。具体的には、日本からの直接投資額が近年増加しており、2014年のカンボジアに投資する海外直接投資においては国別でみると日本の直接投資額が3位となった点を挙げられました。大臣より、日本のカンボジアへの投資は、アセアン諸国やグローバルマーケットへの生産拠点、またASEAN経済統合における域内サプライチェーンの一角として位置づけられている点についても強調されました。またセミナーでは、JETROの道法氏、イオンの鷲澤氏、豊田通商の友成氏のプレゼンテーションを通じて投資先としてのカンボジアの魅力が紹介されました。

     

    東京で開催されたカンボジア投資セミナー

    首相府付大臣・カンボジア開発評議会 事務局長 ソクチェンダ・ソピア

    日本貿易振興機構(ジェトロ)の道法清隆氏

    (株)イオン カンボジアの鷲澤忍氏、ジェトロの道法清隆氏、ソクチェンダ・ソピア大臣

    豊田通商株式会社の友成雅之氏

    (株)デロイト トーマツ コンサルティングの井出潔氏

    (株)国際協力銀行(JBIC)の阿由葉真司氏

    ...

    Read More »

  • Prakas #777 prakas-664

    View Download Prakas #777

     

    ...

    Read More »

  • Prakas #664 prakas-664

    View Download Prakas #664

     

    ...

    Read More »

  • The 10th Cambodia-Japan Public-Private Sector Meeting Cambodia-Japan-Public-Private-Sector-Meetin

    The 10th Cambodia-Japan Public-Private Sector Meeting was held on 19th June, 2014 at the Government Palace, Phnom Penh to discuss various issues including prospect of electricity rate, Permit/Approval Procedures to streamline the duplicated trading procedures as well as introducing of the Cambodian Authorized Economic Operator (AEO) system, Labor ... ...

    Read More »

  • The Council for the Development of Cambodia in cooperation with the Ministry of Planning and Investment of Vietnam will organize the 4th Cambodia-Vietnam Conference on Investment Cooperation, which will be held on 13th January 2014 in Peace Palace, Phnom Penh under the high presidency of Samdech Akka Moha Sena Padei ... ...

    Read More »

  • 米国・ASEANビジネス評議会の代表団がCDCを訪問

    ソク・チェンダ・ソピア首相付大臣・CDC事務局長は、9月1日、米国・ASEANビジネス評議会(US-ASEAN Business Council)の代表団(団長Ms. Frances Zwenig)を受け入れました。同代表団は、保健セクターの能力強化、再生可能エネルギーに関心を表明しました。

    ...

    Read More »

  • 2011年カンボジア投資セミナーを6月2日に東京で開催 e2

    2011年6月2日(木)、カンボジアへの投資に関心がある民間企業を対象に、カンボジアへの投資を促進することを目的にカンボジア投資セミナーが東京の「ザ・プリンスパークタワー東京(ボールルーム)」にて実施されました。本セミナーは、CDC、国際機関日本アセアンセンター(AJC)、日本貿易振興機構(JETRO)、JICAが共催し、駐日カンボジア王国大使館、外務省、経済産業省の後援を受けました。

    セミナーでは、ソク・チェンダ首相付大臣・CDC事務局長をはじめ、在カンボジア日本大使館の黒木大使、今村JICA専門家、JETROプノンペン事務所長・日本人商工会(JBAC)事務局長の道法氏、そして現地での進出経験を有するミネベア株式会社の貝沼社長の講演を行い、参加者の人々に広くカンボジアの状況について知っていただくことができました。全体質問では、カンボジアの電力事情や国の人材育成計画への質問などがありました。終了後は講演者との名刺交換や質問のために参加者が列を作る場面も見られました。セミナー参加者約300名へのアンケートでも高評価を得ることができ、カンボジアへの投資について関心の高さが覗えるセミナーとなりました。

    カンボジア投資セミナーの様子(2011年6月2日)

    ...

    Read More »

  • カンボジア開発評議会投資サービス関連向上プロジェクトがスタート e1

     

    カンボジアの投資促進担当機関であるカンボジア開発評議会(Council for the Development of Cambodia:CDC)をカウンターパートとして、「カンボジア国開発評議会投資関連サービス向上プロジェクト」が、2011年3月からJICA(国際協力機構)の支援により始まりました。本プロジェクトを通じて、投資家への情報提供や関連省庁との連携の面で、CDCの投資誘致関連サービスが向上することが期待されています。

    2011年3月14日に、プロジェクトを管理する第1回合同調整委員会が開催され、プロジェクトが開始いたしました。プロジェクトではCDC職員の能力向上を目指し、以下の活動を実施しています。

    ①   投資家のニーズに合致し、また使い勝手の良いウェブサイトの設置及び定期的な情報の更新

    ②   社会・経済・ビジネス環境等の投資家が必要とする情報を網羅する投資ガイドブックの改訂

    ③   投資関連法やその他情報を揃えた投資家向けライブラリーの設置

    ④   海外投資を促進するための投資促進セミナーの計画・実施

    ⑤   投資家向け投資相談などレセプション機能の強化

    ⑥   重点国からの投資拡大を目的とするカントリーデスクの設置

     

    プロジェクトチームは、カンボジア投資委員会(Cambodia Investment Board:CIB)とカンボジア経済特別区委員会(Cambodian Special Economic Zone Board:CSEZB)に加え、日系企業の投資支援のためにCDCに派遣されているJICA長期専門家とも協力しながら、各活動を実施しています。

    第1回合同調整委員会(3月14日)

    ...

    Read More »

  • カンボジアの観光産業への投資は、半年で354ドル百万円に達する angkor

    カンボジアの観光産業への投資は、今年の上半期には百万円354約米ドルに達し、ほとんどの投資を得た主要な分野である、地元メディアが明らかにした。 カンボジアの開発のための”評議会(CDC)は完全に民間企業と総額354万米ドルから億1.22約米ドルの投資プロジェクトを承認すると観光は投資になります

    ...

    Read More »

  • リームでのリゾート開発のために2億5000万ドルを投資するフランスの企業 ream

    シアヌークビルのリームエリアで2億5000万ドルを投資する。リームのリゾートフレンチ会社の計画投資計画は、(フンセンの要塞で)Takhmao12、6月の会議でフンセンにアランデュピュイ、リームのリゾートの社長によって発表された。アランデュピュイは彼の会社が250百万ドルの費用で、リームのリゾートを建設することをフンセンに語った、とそれは5つ星ホテル、町、宿泊施設、ゴルフコース、ビーチ、そしてwatercrafts、などが含まれます…

    ...

    Read More »

  • プノンペンで52階建ての超高層ビルを構築するために韓国の投資家 plain

    韓国の投資家はその52階建ての超高層ビル、現在カンボジアのために設計された高層建物のために来週ここに起工式を保持する、英語 – クメール語新聞メコンタイムズ金曜日だ。 GS建設、韓国最大の不動産開発者は、トンレサップバサック川の近くにプロジェクトを完了するために4年かかるだろう、論文では、ムーHionウーを引用…

    ...

    Read More »

  • カンボジアは、プロパティの外国の所有権を許可するように促した building

    カンボジアの民間部門は火曜日、自由化、不動産市場は経済成長に拍車をかけるだろうと言って、アパートや工場などの特定のプロパティの外国の所有権を許可するよう政府に促した。 現在のルールの下では、外国不動産投資は、カンボジア国民の名で行われ、多くは不謹慎なローカルパートナーに自分の資産を失うリスクに消極的ですされている必要があります。

    ...

    Read More »

  • アジア初の環境計画のリゾートアイランド beach

    カンボジア(CDC)の開発のための評議会は、期間中は、政府がOknha知人孟のロイヤルグループの会社に7800ヘクタールの島栄島、シアヌークビルで最大の島を、リースすることを決定した2010年7月4日、木曜日に宣言エコツーリズム開発のための99年。その同じ日に、政府はまた、フランスの投資会社へシアヌークビルの島Russey島の部分のリースを宣言した。

    ...

    Read More »

View Download
カンボジア投資ガイドブック 2013年 (全章)
I. カンボジアに関する基礎情報
II. カンボジアの経済概況
III. ビジネス環境
IV. インフラストラクチャー
V. 投資
VI. 経済特別区
VII. カンボジアの民間セクター
VIII. ビジネス・コスト
IX. カンボジアにおける外国人の生活環境
参考資料一覧
付属資料Ⅰ:投資・ビジネス関連法令リスト
付属資料Ⅱ:「投資法」(1994年投資法・2003年改正投資法統合条文)
付属資料Ⅲ:「改正投資法施行に関する政令No.111」
付属資料Ⅳ:「州・特別市投資小委員会の設立に関する政令No.17」
付属資料ⅴ:「経済特別区の設立と運営に関する政令No.148」
付属資料Ⅵ:投資関連機関一覧
付属資料Ⅶ:貿易・投資・中小企業に関する許認可サービス
View Download
Municipality and Provinces ALL English
1 バンティエミンチェイ州
2 バッタンボン州
3 コンポンチャム州
4 コンポンチュナン州
5 コンポンスプー州
6 コンポントム州
7 カンポット州
8 カンダール州
9 ケップ州
10 コッコン州
11 クロチェ州
12 モンドルキリ州
13 オッドミンチェイ州
14 パイリン州
15 プノンペン特別市
16 プレアシハヌーク州
17 プレアビヒア州
18 プレイヴェン州
19 ポーサット州
20 ラタナキリ州
21 シエムリアップ州
22 ストゥントレン州
23 スヴァイリエン州
24 タケオ州