spmenu
ホームページ » 国の概要 » 経済状況

経済状況

1.経済規模

GDP総額は、2009年43.1兆リエル、2010年47.0兆リエルと安定した成長を見せており、2011年には52.1兆リエル(米ドル換算で

129億ドル)、2012年には57.4兆リエル(米ドル換算で約142億ドル)に達する見込みである。

一人当たりGDP(米ドルベース)も、リエルが米ドルに対し大幅に下落した1998年以降、順調な伸びを示しており、2010年には830ドルに達している。これは2005年の487ドルと比べると、約70%の増加したことになる。また、カンボジア経済財務省は、2011年および2012年の一人当たりGDPを、それぞれ904ドル、984ドルになると予測している。

2.産業構造

一次産業が経済全体の32%を占め、農業が主要産業となっている。主な農産品は、米、ゴム、とうもろこし、キャッサバなどである。二

次産 業、三次産業は、各々、経済の22%、38%を占める。製造業では、輸出向けの繊維産業、履物産業が主要業種である。三次産業ではアンコールワット観光を中心とする観光業が主要産業となっている。

3.貿易

カンボジア経済の成長に伴って輸出入ともに大きな伸びを示しているが、貿易収支は経常的な赤字の状況にある。2011年の輸出額

46.8億ドル、輸入額は63.8億ドルであった。

主な輸出相手国は、米国、香港、中国、EU、カナダ、ベトナムなどである。主な輸入相手国は、香港、中国、台湾、タイ、ベトナムなどである。

主な輸出品は、縫製品で輸出全体の8割以上を占める。主な輸入品は、織物、石油製品、車両などであるが、カンボジアは生産投入財、生活物資の多くを輸入に依存している。

4.通貨

カンボジアの公定通貨はリエル(Riel)であるが、商業取引では一般的に米ドルが使用されている。

 


1ドル=4,000リエルで換算

関連ペー境

ソーシャルネットワーク

地方の省庁

ministry-of-information Ministry of Information
ministry-of-public Ministry of Public Works and Transport
ministry-of-education Ministry of Education, Youth and Sport
ministry-of-tourism Ministry of Tourism
ministry-of-agriculture Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
ministry-of-mines-energy Ministry of Mines and Energy
ministry-of-commerce Ministry of Commerce
General Department of Taxation General Department of Taxation
General Department of Customs and Excise General Department of Customs and Excise
Ministry of industry and handicraft Ministry of industry and handicraft
Ministry of Economy and Finance Ministry of Economy and Finance
Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation

サポーター

Mizuho Bank, Ltd. Mizuho Bank, Ltd.
Net Frontier Cambodia Co.,Ltd. Net Frontier Cambodia Co.,Ltd
gotop