Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » カンボジア概況 » 政治情勢

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の431
    cis_visit_count昨日1603
    cis_visit_countこの週4677
    cis_visit_countこの月33060
    cis_visit_countすべての日2044065
 

政治情勢

カンボジアの政体は立憲君主政であり、現国王のシハモニ国王(His Majesty Norodom Sihamoni)は2004年10月29日に王位を継承した。

カンボジア憲法では、カンボジアが自由民主主義、多党制、人民主権を採ることを定めている。憲法ではさらに立法、行政、司法の分立を定めている(憲法第51条)。

立法機関は二院制で、国民議会(下院:National Assembly)と上院(Senate)で構成されている。2008年7月27日に実施された直近の国民議会選挙ではカンボジア人民党(Cambodian People’s Party:CPP)が圧倒的勝利を収め、90議席を獲得し、26議席を得たサム・レンジー党(Sam Rainsy Party:SRP)がこれに続いている。その他民権党(Human Right Party)が3議席、フンシンペック党(Funcinpec)とノロドーム・ラナリット(Norodom Ranaridh Party)が各々2議席となっている。一方、上院選挙は2006年に実施され、カンボジア人民党が45議席、フンシンペック党が10議席、サム・レンジー党が2議席を占めている。残る2議席は国王により指名されている。

カンボジア人民党はフンシンペック党と連立政権を樹立し、フン・セン氏が首相に選任されている。また、2012年1月29日(日曜日)には第3回上院選挙が実施される予定である。

 

Subcribe Now