Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » カンボジア概況 » 社会状況

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の457
    cis_visit_count昨日1603
    cis_visit_countこの週4703
    cis_visit_countこの月33086
    cis_visit_countすべての日2044091
 

社会状況

人口

2008年に実施された国勢調査によると、カンボジアの人口は1,340万人で、人口増加率は1.54%である。最大の都市である首都プノンペン市の人口は約130万人で、全国の都市人口比率は19.5%、人口密度は1平方キロメートル当たり75人となっている。

世代別・男女別人口比率は以下の通りである(2008年国勢調査、国家統計局)。

  •    子供世代(0-14歳):33.7%
  •    経済的生産世代(15-64歳):62%
  •    老齢世代(65歳以上):4.3%

民族

最大の民族はクメール族(90%)で、その他の少数グループとしてチャム族(Cham)、ベトナム系、中華系などが居住している。

 

宗教

憲法により仏教が国教に定められており(憲法第43条)、全人口の90%は仏教徒である。そのほかの宗教としてイスラム教、キリスト教等がある。

 

言語と識字率

カンボジアにおける公用語はクメール語である。2009年時点の成人識字率は全体で77.6%、男性は85.1%、女性は70.9%となっている。(出所:2008年国勢調査、国家統計局)

 

教育制度

カンボジアの教育制度は小学校(1~6学年)、中学校(7~9学年)、高校(10~12学年)、大学およびその他高等教育機関で構成されている。義務教育は日本と同様、中学校(9学年)までである。

6歳以上の年齢層別就学率は、6-14歳で80.19%、15-19歳で51.83%、20-24歳で14.37%である。(出所:2008年国勢調査、国家統計局)

 

Subcribe Now