Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » 投資の流れ » 投資ライセンス制度の概要

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の317
    cis_visit_count昨日1418
    cis_visit_countこの週4489
    cis_visit_countこの月35037
    cis_visit_countすべての日1972677
 

投資ライセンス制度の概要

・ 2003年の「改正投資法」は投資プロジェクトの自動認可制度を採用しており、投資プロジェクトが制限リスト(Negative List)に含まれるか国家の利益や環境に影響を与えるものでない限り、ライセンス手続きは、投資申請がCDCまたはPMISにより受領されてから31労働日以内に終了しなければならないと規定されている。

・ 投資ライセンス、すなわち投資許可は投資家または投資企業に対して発行されるのではなく、投資プロジェクトを対象に発行される。投資ライセンスを受領したプロジェクトは「適格投資プロジェクト(Qualified Investment Project:QIP)」と呼ばれる。

・ 改正投資法は全てのQIPを対象とする管理体制とQIP設立の手続きを定めている。

・ 投資優遇措置は自動的に付与される。

・ CDCはワン・ストップ・ショップ(One-Stop Shop)として機能することを期待されており、投資申請者に代わり、(投資プロジェクト)条件付登録証明書(Conditional Registration Certificates: CRC)に記載された関連省庁から要請のある全ての必要なライセンスを取得する。

・ QIPは合弁会社とすることができる。当該合弁会社はカンボジア法人間、カンボジアと外国法人間、外国法人間において設立することが出来る。合弁会社がカンボジアにおいて土地を所有するか、所有する予定である場合、又は土地の権利を所有する場合を除き、国籍及び持ち株比率についての制限はない。土地を所有するか、所有する予定である場合においては、外国人の総所有株式比率は49%を超えることが出来ない。

Subcribe Now