Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » 投資の流れ » 外国直接投資に関わる政策

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の480
    cis_visit_count昨日1603
    cis_visit_countこの週4726
    cis_visit_countこの月33109
    cis_visit_countすべての日2044114
 

外国直接投資に関わる政策

カンボジアの外国直接投資(Foreign Direct Investment: FDI)に関する法制度は、基本的に投資を奨励するように設計されていると言える。投資法が規定しているように、FDIは土地所有(外国人が土地を保有できないことは憲法で規定)を除き内国法人と差別なく扱われており、多くの分野で自由に投資することが許されている。また現行の投資法では、「(投資プロジェクト)最終登録証明書(Final Registration Certificates: FRC)」を入手した投資家に対して種々の優遇措置が与えられている。

さらに、カンボジア政府は継続的に投資促進サービスの向上を図ってきている。例えば、2005年には経済特別区(経済特区)の促進を図るために、カンボジア開発評議会(Council for the Development of Cambodia:CDC)内にカンボジア経済特別区委員会(Cambodian Special Economic Zone Board:CSEZB)を設立している。カンボジア経済特別区委員会の管理の下、経済特区管理委員会 (Special Economic Zone Administration: SEZ Administration)が各経済特区に設立され、投資プロジェクトの登録から日々の輸出入許可に至るまでワン・ストップ・サービスを提供することになっている。

Subcribe Now