Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » 投資家情報 » インフラストラクチャ » 航空

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の309
    cis_visit_count昨日1418
    cis_visit_countこの週4481
    cis_visit_countこの月35029
    cis_visit_countすべての日1972669
 

航空

現在、カンボジアの11の空港のうち、定期便が利用できるのはプノンペン国際空港(Phnom Penh International Airport:PPIA)及びシェムリアップ国際空港(Siem Reap International Airport:SRIA)のみであるが、2011年12月にはシェムリアップ国際空港とシハヌ-クビル国際空港間の定期便が開設されることになった。

カンボジアの空港の現状は、下表に示す通りである。

カンボジアにおける空港の現状

空港

滑走路(m)

路面/レファレンス番号

ILS

面積 (ha)

所有者・運営者

現状

備考

国際空港

プノンペン

3000×45/ Asphalt/ 4D

387

RGC/SCA

運営中

ILS はRWY 23 のみ

シェムリアップ

2550×45/ Asphalt/ 4C

197

RGC/SCA

運営中

2009年からRWY 05用ILSが稼働

シハヌーク

2500×40/ Asphalt/ 4C

123.84

RGC/SCA

運営中

2007年7月に再開港

国内空港

コンポンチュナン

2400×45/ Concrete/ 4C

2011

RGC/Air Force

閉鎖中

当空港は一部陸軍の土地を利用

バッタンバン

1600×34/ Bitumen/ 3C

128.68

RGC/SSCA

運営中

-

ストゥントゥレン

1300×20/ Laterite/ 3C

112.5

RGC/SSCA

運営中

-

ラタナキリ

1300x30/ Laterite/ 3C

48.09

RGC/SSCA

運営中

-

コッコン

1300×30/ Laterite/ 3C

125.66

RGC/SSCA

運営中

-

モンドルキリ

1500×20/ Laterite/ 3C

36

RGC/SSCA

閉鎖中

2007年7月から一時的に閉鎖中

プレアビヘア

1400×20/ Laterite/ 3C

150.98

RGC

閉鎖中

-

クラティエ

1180×20/ Laterite/ 3C

112.5

RGC

閉鎖中

-

注: “ILS”は、”Instrument Landing System”(計器着陸装置)の省略形。

出所: Infrastructure and Regional Integration Technical Working Group (2009)

フランスのヴィンシー(Vinci)が70%、マレーシア・カンボジアの合弁会社であるムヒバ・マステロン(Muhibbah Masteron)が30%を保有する民間の共同企業体である“Société Concessionnaire des l’Aéroports (SCA)”は、1995年にPPIA、2001年にSRIA、2006年にシハヌーク国際空港(Sihanouk International Airport)のBOTコンセッション(25年間)をそれぞれ取得した。SCAの100%子会社であるカンボジア空港マネジメント・サービス社(CAMS)が、上記3つの空港を運営している。カンポンチュナン空港以外の空港は全て国内航空国家事務局(SSCA)が管理している。その他、アンコール国際空港(Angkor International Airport)と称されるシェムリアップの新空港プロジェクトが、韓国のリー・アンド・エー社を含む投資家グループにより準備されている。

現在、プノンペン国際空港からは、下表にある通り、10の国・地域の13の目的地への直行便が運航されており、シェムリアップからは14の国際線空路がある。

プノンペン国際空港からの出発便

(2011年10月25日から2012年3月24日まで有効)

国・地域

目的地

便数

中国 広州 1日2便、1航空会社(直行便)
南寧 1日1便、1航空会社(直行便)
上海 1日1便、1航空会社(直行便)
香港 香港 1日1便、1航空会社(直行便)
マレーシア クアラルンプール 1日4便、2 航空会社(直行便)
シンガポール シンガポール 1日3便、2 航空会社(直行便)
韓国 仁川 1日2便、2航空会社(直行便)
台湾 台北 1日1便、1航空会社(直行便)

週3便、1航空会社(直行便)

タイ バンコク 1日7便、3航空会社(直行便)
ラオス ビエンチャン 1日1便、1航空会社(直行便)
ベトナム ホーチミン 1日3便、2航空会社(直行便)
ハノイ 1日1便、1航空会社(1ストップ)
ミャンマー ヤンゴン 週1便 x 1航空会社(シェムリアップ経由)
フランス パリ 周3便(バンコク経由)

出所: プノンペン国際空港ウェブサイト(http://www.cambodia-airports.com/)

「カンボジア・アンコール航空(Cambodia Angkor Air Ltd (CAA)」は2009年7月27日にベトナム航空(49%)、カンボジア投資会社(Cambodian Investment Company:26%)及びカンボジア政府(25%)の合弁会社として設立されたが、2011年12月14日からシェムリアップ―シハヌークビル間にATR-72による週2便の定期空路を開設することを決定した。同社は保有機数を15機に増やし、日本・中国・韓国・全アセアン加盟国への空路を開設することを計画している。1993年に設立されたミャンマー航空(Myanmar Airways International:MAI)は2011年2月からシェムリアップ国際空港への運行を始めたが、2011年11月には冬季スケジュール(2011年10月末―2012年3月末)として、A-320による「ヤンゴン-シェムリアップ-プノンペン」路線を開設している。また2012年初にはシンガポールのタイガー航空(Tiger Airways)と韓国のイースタージェット(Easter Jet)がカンボジアへ就航する22番目と23番目の航空会社として空路を開く予定である。

下表に示す通り、プノンペン国際空港とシェムリアップ国際空港を利用する便数は2007年にピークを迎えた後、世界経済の悪化の影響を受け2008年・2009年と減少した。2010年にはシェムリアップへの観光客が通常に戻ったこととプノンペンへの業務出張が増加したことから、2007年の水準に戻っている。

国際便及び国内便の数 (プノンペン国際空港及びシェムリアップ国際空港)

 

2005

2006

2007

2008

2009

2010

国際便 (PPIA)

12,9109

15,292

17,092

16,253

16,096

16,855

国内便 (PPIA)

4,125

3,990

4,789

4,130

4,256

3,301

国際便 (SRIA)

12,657

14,660

16,924

15,431

13,287

15,354

国内便 (SRIA)

4,266

4,197

5,088

4,551

4,960

5,093

出所:プノンペン国際空港ウェブサイト(http://www.cambodia-airports.com/)

プノンペン国際空港の旅客数は経済不況の影響を受けた2009年にいったん減少したが、2010年には回復し、2009年比8%の伸びを示した(下表参照)。カンボジア経済が順調な発展を続けていることから2011年の最初の8カ月間を見てみると2010年の同月比25%の増加となっている。

乗客数 (プノンペン国際空港)

 

2005

2006

2007

2008

2009

2010

到着(国内便)

80,033

79,594

88,314

76,609

58,517

52,286

出発(国内便)

78,063

75,842

90,632

80,052

63,529

57,375

到着(国際便)

455,059

575,641

701,898

754,060

718,148

832,064

出発(国際便)

468,590

591,190

717,580

781,149

747,792

774,689

出所:プノンペン国際空港ウェブサイト(http://www.cambodia-airports.com/)

2008年からの経済不況により観光業も大きな打撃を受けたため、シェムリアップ国際空港の国際旅客数は2008年、2009年と2年続けて減少した。経済の回復とともに2010年にはアンコールワットを訪れる観光客も増加し始め、シェムリアップ国際空港の旅客数も2007年のピーク時に近い数に達した。カンボジアエアポート社は、2011年のシェムリアップ国際空港の利用者が200万人を超えると予想している。

乗客数(シェムリアップ国際空港)

 

2005

2006

2007

2008

2009

2010

到着(国内便)

72,743

75,734

90,677

83,347

66,333

60,191

出発(国内便)

74,451

79,395

93,983

86,929

70,089

55,128

到着(国際便)

436,528

596,931

774,338

681,209

557,465

716,012

出発(国際便)

454,396

608,328

773,430

680,335

561,279

732,968

出所: カンボジア空港ウェブサイト (http://www.cambodia-airports.com/)

 

Subcribe Now