Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » 投資家情報 » インフラストラクチャ » 港湾

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の323
    cis_visit_count昨日1418
    cis_visit_countこの週4495
    cis_visit_countこの月35043
    cis_visit_countすべての日1972683
 

港湾

シハヌークビル港はカンボジアにおける唯一の深水港である。同港は着実に拡張されて来ており、現在では近代的な貨物処理設備をもつ12のバースが設置されている。港への進入路として南水路(長さ5.5km、深さ8.4m、幅80-100m)と北水路 (長さ1km、深さ10m、幅150-200m)がある。シハヌークビル港公社(Port Authority of Sihanoukville:PAS)によれば、同港の現況は下の5つの表[1]の通りである。

シハヌークビル港の設備の状況

ターミナル

長さ (m)

深さ (m)

バース

用途

新埠頭

350

-9.0 (-10.50)

2

Medium size vessels

コンテナターミナル

400

-10.50 (-11.50)

3

Medium size vessels

一般貨物

290

-8.40

2

Inner berth of Old Jetty

旅客ターミナル

290

-8.40

2

Outer berth of Old Jetty

Sokimex

200

-10.00

1

Oil jetty

ポンツーン

110

-6.00

1

Oil jetty

石造埠頭

53

-4.50

1

Oil jetty

Tela

220

-7.10

1

Oil jetty

シハヌークビル港の貨物取り扱い設備

種類

容積

数量 (単位)

移動式ハーバークレーン

60t

2

埠頭ガントリークレーン

30.5t

2

ゴムタイヤガントリークレーン

35.5t

5

トランステナークレーン

40.6t

2

スーパースタッカー

45t

8

空スタッカー

7.5t

2

トレーラー

20t– 40t

34

岸壁クレーン

10t – 50t

7

フォークリフト

3t – 25t

21

貨物用トラック

10t – 20t

10

シハヌークビル港の保管・貯蔵設備の状況

ターミナル

面積 ()

容積

数量 (単位)

新コンテナターミナル

64,000

4,560(TEUs)

1

積荷入コンテナターミナル

35,000

72,200 (TEUs)

1

空コンテナターミナル

46,000

3,000 (TEUs)

1

倉庫

36,000

70,500 tons

5 blocks

リーファーコンテナ

54 socket

 

2008年までシハヌークビル港のコンテナの取扱量は直実に増加してきたが、2008年以降の経済不況の影響を受け、欧米へのアパレル輸出が大きく減少したことから、2009年には荷扱量が急減した。やはり不況の影響を受け建設工事が減少したことから、建設資材を中心とする一般貨物の取扱量も2009年に落ち込んだ。2010年に入り、アパレル輸出の回復と共に、コンテナ扱い量は再び成長軌道に乗っている。一般貨物の取扱量も2010年に急増しており、2008年のピークを越えている。

シハヌークビル港の貨物取扱量

 

2006

2007

2008

2009

2010

貨物総取扱量(トン)

1,586.791

1,818,877

2,057,967

1,874,095

2,217,150

コンテナ取扱量(TEU)

231,036

253,271

258,775

207,861

222,928

一般貨物取扱量(トン)

197,573

193,572

291,114

241,494

374,801

シハヌークビル港経済特区は、シハヌークビル港のコンテナターミナル傍のシハヌークビル港公社の土地70ヘクタールに、日本からの円借款により2009年10月から建設されてきた。工事は2011年末に終了予定で、特区内の区画によっては2011年11月から工場建設が可能となっている。

シハヌークビル港への配船状況及び寄港地は下表に示す通りである。

シハヌ-クビル港への配船状況

船会社

配船状況

寄港地

MCC & CMA

週2便(木・金曜日)

SGN-SHV-LZP-SGN-HKG-OSA-TYO-YOK-KOB-SGH-YAT-SGN

SIN-SHV-TPP-SIN

Cots

月2便(月曜日)

BKK-SHV-BKK-(LZP)

RCL

週3便(水・木・金曜日)

SIN-SHV-SGZ-SIN

HKG-SHV-SGZ-HKG-(HPH-TXG-KEL)

KUN-SHV-SGZ-SIN-KUN

ITL (ACL)

週1便 (土曜日)

SGZ-SHV-SIN-SGZ

APL

週1便(金曜日)

SIN-SHV-SIN

合計

月30便

シハヌークビル沖合では6カ所の海上油田の開発が行われているか計画されている。海上油田への補給と、木片・石炭等のバルク貨物の取扱を行う多目的ターミナルも、JICAの支援のより現在詳細設計の段階に入っている。

シハヌークビル港以外にも、スレアンベル港、カンポット港、オクニャモン港等の小規模な港が存在している。特にオクニャモン港は一般貨物を頻繁に取り扱っている。カンポット港は現在拡張工事中である。またコーコンのキリサコール港も砂糖輸送のために拡張を計画しているが、同地では新しい深水港の建設計画もある。その他プリ・シハヌーク州のスタンハブでの国際港、ケップ洲での観光港計画などがある。



[1] 出所: PAS brochure, April 2010

Subcribe Now