Use Google translate. Select language to translate.

Translate »
English
English
nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
ホーム » 経済特区 » 概要・法制度

CDC へようこそ

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 さらに読む»

主な行事

訪問者人数

  • visit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_countervisit_counter
    cis_visit_count今日の439
    cis_visit_count昨日1221
    cis_visit_countこの週7435
    cis_visit_countこの月37983
    cis_visit_countすべての日1975623
 

概要・法制度

経済特別区制度のための法制度

経済特別区(経済特区)制度は2005年12月に初めてカンボジアへ導入されることになりました。2005年12月29日付け「CDCの組織と機能に関する政令No.147(Sub-Decree No.147 on the Organization and Functioning of the CDC)」によってCDCの組織が改組され、経済特区制度を運営管理するためのカンボジア経済特別区委員会(Cambodian Special Economic Zone Board:CSEZB)」と称される新しい組織が誕生しました。

経済特区の基本概念と条件

経済特区政令は、経済特区の基本概念と条件について、次のように定めています。

  • 経済特区とは、全ての産業とそれに関連する活動を集積するための、一般工業区および/または輸出加工区(Export Processing Zone:EPZ)を有する経済開発のための特別な地域である。各経済特区は自由商業地域(Free Trade Area)、サービス地域(Service Area)、住居地域(Residential Area)および観光地域(Tourist Area)を含む生産地域(Production Area)を有するものである。
  • 明示的な位置と地理的な境界を有する50ヘクタール以上の土地を有すること
  • 輸出加工区」、「自由商業地域」および特区内の各工場をフェンスで囲うこと
  • 管理事務所、特区管理事務所および必要な全てのインフラが供給されること
  • 下水施設、排水処理施設、固形廃棄物の貯蔵・管理場、環境保護施設、その他必要と考えられる関連インフラが備わっていること