spmenu
ホームページ » CDC へようこそ

CDC へようこそ

出版された: 2011 7月 15

カンボジア開発評議会を代表して皆様を歓迎いたします。このウェブサイトでは、最新の投資情報を提供しております。私たちはカンボジアの経済成長の加速と、投資拡大のための環境整備を進めており、このウェブサイトはカンボジアへの投資の促進に資するものと考えます。

 

近年の政治的安定と持続的な経済成長によって、カンボジアは有望で開放された市場と言えるようになりました。カンボジアは「危機の国」から「機会の国」へと変貌を遂げ、まさにカンボジアの成長の時代が始まりました。

フン・セン首相の強いリーダーシップのもと、カンボジアはマクロ経済の安定と生活レベルの目覚しい向上を実現しています。過去5年間(2005年〜2010年)の実質経済成長率は年平均6.7%であり、2005年には487ドルであった一人当たりGDPは2010年には830ドルに増大しました。カンボジア政府は、インフレとマクロ経済安定のための金融・為替政策を慎重に実施しています。

また、カンボジアは、魅力的な投資優遇措置を全ての投資家に対して等しく認めており、全ての経済分野を投資に開放しています。カンボジアは、肥沃な土地、優秀で低コストの労働力、歴史的遺産、熱帯雨林、国立公園、湖水、汚されていない海辺を有しており、農業、農産業、労働集約型産業をはじめとする製造業、観光、鉱業などの分野で大きな可能性を秘めています。これらの資源を投資により持続的に発展させることが必要とされています。

経済成長のための堅実な基盤を作り、カンボジアの長期的な競争優位を築くために優先度が高いとカンボジア政府が考える産業は、農業・農産業、運輸・通信インフラ、エネルギー・電力、労働集約型・輸出志向型産業、観光、人的資源開発、鉱業です。

 

カンボジア政府は、経済特別開発区(経済特区)の開発という新たな政策を打ち出しており、経済特区の開発・運営のあらゆる面で行政手続きを合理化し、民間投資家の参加を奨励し、国際水準のインフラやサービスの提供を確保しております。経済特区開発は、フン・セン首相の近代化・改革・民間主導型成長というビジョンを体現するものであり、また、内外の投資家に魅力的な投資環境を提供するというカンボジアが断固として取り組むべき改革課題への取組みでもあります。経済特区を成功に導くため、フン・セン首相は経済特区開発の政策・戦略策定に自ら取り組んでおり、進捗を見守っています。

 

以上のようにカンボジアが投資家の皆様に提供できることは多くあり、カンボジア政府は、平和で安全で安定した投資環境を保証いたします。カンボジア政府は、マクロ経済運営・法制度・組織制度を効率的で透明で予測可能なものとし、説明責任を果たすことに努めています。私たちは、カンボジアと投資家の双方のために投資を迎え入れるための用意が出来ております。

 

ソク・チェンダ・ソピア

首相付大臣

カンボジア開発評議会事務局長

カンボジア投資員会委員長

カンボジア経済特別区員会委員長

ソーシャルネットワーク

地方の省庁

ministry-of-information Ministry of Information
ministry-of-public Ministry of Public Works and Transport
ministry-of-education Ministry of Education, Youth and Sport
ministry-of-tourism Ministry of Tourism
ministry-of-agriculture Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
ministry-of-mines-energy Ministry of Mines and Energy
ministry-of-commerce Ministry of Commerce

サポーター

Mizuho Bank, Ltd. Mizuho Bank, Ltd.
Net Frontier Cambodia Co.,Ltd. Net Frontier Cambodia Co.,Ltd
gotop